走行距離によって変わる買取価格

中古車を購入する時に走行距離を気にする人が多いように、車を売却するときにも走行距離が買取価格に大きく影響をおよぼすものだということを先日知りました。それまで乗っていた車がモデルチェンジをして、そちらの車のほうが良さそうだなと思い現在の車を売却して乗り換えを考えていたのです。

 

車自体はまだまだ新しいものでしたが、私は比較的車にのる機会が多く次の車検時になったら、走行距離が10万キロを超えるかも知れないというところまできていました。

 

そこで、売るかどうかはともかく現在の売値はどれぐらいになるのだろうかと思い、近所の中古車屋に持ち込んで査定を受けてみることにしました。すると、比較的新しいということもあり結構いい値段がついたので、ついでにこれが10万キロを超えていたらどうなったのか尋ねてみると思っていた以上の減額になってしまうようで、早めに売却をすることを検討するようになりました。

 

それからは、一括査定サイトなどを利用して高く買取りしてくれそうな業者を探し、いくつかの業者を当たってみて高く買取りしてもらうことができる業者を見つけたので、早い内に売却することにしたのです。これほどまでに走行距離が影響を及ぼすとは思っていなかったので、次からはもっと距離に気を使ってみようと思います。

 

メーター